ファッション

「OAMC」と「シュプリーム」によるミリタリーライナージャケット、売り上げは全て慈善団体に寄付

 「OAMC」は9月6日10時(パリ時間)から、「シュプリーム(SUPREME)」とコラボレーションしたミリタリーライナージャケットを「OAMC」の公式EC限定で発売する。

 「OAMC」のルーク・メイヤー(Luke Meier)=デザイナーは2010年まで「シュプリーム」でヘッドデザイナーを務めており、かつての職場である「シュプリーム」とコラボするのはこれが初めて。

 ミリタリーライナージャケットはビンテージをリメイクしたもので、「OAMC」2016-17年秋冬アイテムで登場したデザインを再利用。オリジナルは背中の“Peacemaker”の文字が全大文字のサンセリフ体風フォントだったが、今作は「シュプリーム」のロゴ同様に斜体で太字となり、その下に両者のロゴがプリントされた。なお“Peacemaker”の言葉通り、売り上げは離散した家族を結びつける慈善団体イミグレーション・ファミリーズ・トゥギャザー(Immigration Families Together)に全て寄付される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら