ニュース

「アディダス オリジナルス」と「OAMC」がコラボ 登山×グランジに着想を得たスニーカー

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」はメンズウエアブランド「OAMC」とコラボしたフットウエアコレクション“アディダス オリジナルス バイ OAMC”を9、10、11月に発売する。同商品は「OAMC」2019-20年秋冬パリ・メンズ・コレクションで初披露されたもの。キャンペーンではブラッド・オレンジ(Blood Orange)の名義で活動するミュージシャンでクリエーターのデヴ・ハインズ(Dev Hynes)がモデルを務め、写真家のユルゲン・テラー(Juergen Teller)が撮影した。

 着想源は高みを目指す心の表れでもある登山と、90年代の太平洋岸北西部のグランジシーンで、ルーク・メイヤー(Luke Meier)「OAMC」クリエイティブ・ディレクターは3本のストライプを再構築し新たなバリエーションを生み出した。

 メイヤーは「『OAMC』は独自のデザインの視点を持ち、アディダスはパフォーマンス性の高いシューズやアパレルに関する独自の専門知識を持っている。私はこのプロジェクトが真の意味でコラボレーションだと信じている」と語った。