ファッション

「アディダス」と「エンダースキーマ」 最後のコラボは話題の3Dプリンターソールを搭載

アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は、東京発のフットウエアブランド「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」とのコラボレーションシューズ“HS ZX 4000 4D”を6月22日に発売する。第5弾となる今回のモデルで、同コラボレーションシリーズは最後となる。アイテムは過去のコラボで採用した“ZX”シリーズをベースに、3Dプリンターで製作した4Dミッドソールを搭載。グレーとホワイトを組み合わせたものとブラックの2色展開で、価格は4万5000円。「アディダス オリジナルス」の旗艦店や「エンダースキーマ」の旗艦店スキマ恵比寿、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)、伊勢丹新宿本店、ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)で取り扱う。スキマ恵比寿と公式オンラインサイトでは現在抽選を受付中で、販売に先駆けスキマ恵比寿でアイテムの展示を6月11日まで行っている。

新作のアッパーには、アディダス社の軽量ニット素材である“プライムニット(PRIMEKNIT)”をベースに、「エンダースキーマ」を象徴する素材であるベジタブルタンニンレザーを使用。過去のモデルと同じく両ブランドのロゴは極限にまで小さくして施した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。