ニュース

アディダスが3Dプリンターソールのランニングシューズ“アルファエッジ 4D”を発表 「年内に10万足を販売する」

 アディダス(ADIDAS)は11月17日、3Dプリンターで製造されたソールを搭載した最新ランニングシューズ“アルファエッジ 4D(ALPHAEDGE 4D)”を発売する。

 搭載されたソールは“アディダス 4D”と呼ばれ、アディダスがパートナーシップを締結している米3Dプリンターメーカーのカーボン(Carbon)社と開発したもの。デジタルライト合成によって光と酸素で作り上げ、3Dプリンターを用いることで、手作業では生産することができなかった細かい網目のようなソールを実現している。形状は、アディダスが長年蓄積してきたデータとアスリートの動きをもとに、50回以上試作を重ねて完成したという。また、どんな動きにも対応できることからランニングシューズの位置付けではあるものの、トレーニングシューズとしても使用できる。

 価格は3万8000円で、限定500足をアディダスのオンラインストアと、アディダス ブランドコアストアの渋谷店、原宿店、新宿店、大阪店、スニーカーショップのアトモス(ATMOS)渋谷店、エービーシー・マート グランドステージ(ABC-MART GRAND STAGE)の銀座店、原宿店で取り扱う。なお、アディダス ブランドコアストアの新宿店でのみ、別カラーも50足限定で販売する。

 発売に先駆け14日、都内で発表会が行われた。登壇したトーマス・サイラー(Thomas Sailer)=アディダス ジャパン副社長は、「“アルファエッジ 4D”は、3Dプリンターを用いることで大量生産を可能にし、アスリート一人一人のニーズを実現することができる。ランニング業界のターニングポイントになるはずだ」と意気込み、年内に“アディダス 4D”を搭載したライフスタイルやストリート向けモデルを発表し、10万足以上を販売する予定であることも明かした。

 発表会では、カヌー日本代表の羽根田卓也・選手と、「東北楽天ゴールデンイーグルス」の則本昂大・選手を招いたトークセッションも開催。“アルファエッジ 4D”を履いて登場した2人は、「ソールをどうやって作ったのか、が第一印象。網状だが反発が心地よく、アッパーも包み込んでいる感じですごくいい。自分に合わない靴を履くのは故障の原因になるが、このシューズはどんな動きにも対応すると聞いているから、トレーニングするのが楽しみ(羽根田選手)」「非常に軽く、とにかく見た目がかっこいいので、トレーニング時だけでなく普段でも履けそう。すごくホールド感があるのに窮屈はなく、長時間履いても疲れなそう」と感想を述べた。

 トークセッションの終盤には、羽根田選手がアディダスに対し「アディダスはカヌーを出していないので、これを機に3Dプリンターで作ったアディダス製のカヌーを作ってほしい」と話し、会場の笑いを誘う場面もあった。