ファッション

「エンダースキーマ」が英情報誌とコラボ ビジネスマンのためのシックなアイテム

 東京発のフットウエアブランド「エンダースキーマ(HENDER SCHEME)」は5月3日、ロンドン発のビジネスマン向け情報誌「モノクル(MONOCLE)」とコラボレーションしたスリッパ(1万6000円)とカードケース(1万1000円)を発売する。旗艦店であるスキマ恵比寿、合羽橋とオンラインストアのほか、「モノクル」の一部ストア、オンラインショップで取り扱う。

 アイテムは「エンダースキーマ」の定番アイテムをベースに、「モノクル」のキーカラーであるオリーブを基調とした配色で製作。カードケースはブラウンとオリーブ、インペリアルグリーンのカラーパレットが特徴的だ。レザーにはワックスが施されているため、使うごとに艶が増す。スリッパはオリーブカラーのスエードのアッパーに、艶感のあるダークブラウンのインソールとアウトソール、そしてライトブラウンのステッチで作られている。どちらもプライベートはもちろんビジネスシーンでも利用できるアイテムだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら