ニュース

「バドワイザー」とGUCCIMAZEのコラボTシャツが限定50枚で販売 カルチャーイベント「バドエックス」を記念して

 米ビールブランドの「バドワイザー(BUDWEISER)」は9月6日、日本人グラフィックデザイナーのGUCCIMAZEとコラボレーションしたTシャツを50枚限定で発売する。3サイズ展開(M、L、XL)で、価格は5000円。東京・原宿にあるコンセプトショップ「ドミサイル東京(DOMICILE TOKYO)」の店頭とオンラインストアのみで取り扱う。

 Tシャツは、8月29〜31日に行われた「バドワイザー」主催のクロスカルチャーイベント「バドエックス トウキョウ(BUDX TOKYO)」のビジュアルをGUCCIMAZEが手掛けていたことから実現した。ブラックボディーのバックにGUCCIMAZEらしい鮮やかでエッジの利いた「バドエックス トウキョウ」のビジュアルが大胆にプリントされ、フロントの胸部分にはレッドラインだけで縁取られた「バドワイザー」のロゴがあしらわれている。

 「バドエックス トウキョウ」は、「バドワイザー」が英クラブカルチャーメディア「ミクシマグ(mixmag)」と協業し、世界の主要都市でそれぞれ活躍する人物にフォーカスすることを目的に2018年からスタートしたグローバルイベント「バドエックス」の東京版。今年日本初上陸を果たし、ビジュアルを手掛けたGUCCIMAZEをはじめ、会場ではフォトグラファーの藤代冥砂の写真展が開かれ、ラッパーのANARCHYやWILYWNKAらがライブを行うなど、多くの日本人にスポットライトが当てられた。一方で、海外からムラ・マサ(Mura Masa)やミーハ(Mija)ら人気アーティストも出演し、3日間で3000人近くを動員した。