ファッション

渋谷パルコの「ポップ バイ ジュン」 第1弾は藤原ヒロシ

 ジュンは22日、渋谷パルコ1階にポップアップスペース「ポップ バイ ジュン(POP BY JUN)」をオープンした。コミュニケーションデザインにスタイリストの山本康一郎を招へいし、毎回異なる実験的なコンテンツを期間限定で展開。第1弾は、藤原ヒロシがディレクションする。「ポップ バイ ジュン」は渋谷パルコのメディア内覧会でも一切情報をクローズし、関係者間でもさまざまな憶測が飛び交うなど、オープン前から話題を呼んでいた。

 「ポップ バイ ジュン」の“POP”とは、Place(場所)+Occasion(機会)+Person(人)に由来する。汎用性に優れた“クリアファイル”をテーマに、コンテンツに合わせて商品から内装まで、店舗を丸ごとディレクションしていく。内装は建築家の荒木信雄が手掛けた。今回ウィンドーには、渋谷パルコの建て替えの際に出たゴミや残骸をディスプレーする。

 藤原ヒロシのディレクションするポップアップストアは12月8日まで。「フラグメントデザイン(FRAGMENT DESIGN)」とさまざまなブランドとのコラボレーションアイテムを発売する。

 ラインアップの一部は以下の通り。「ポラロイド オリジナルズ(POLAROID ORIGINALS)」との100台限定ポラロイドカメラ“SLR680”(18万円)や、「ヘッド・ポーター(HEAD PORTER)」の後継ブランド「ラミダス(RAMIDUS)」とのトートバッグ(M:6500円、L:8000円)、「リトゥ(RETAW)」とのフカータグ(1400円)やパフューム(1800円)、「アンチ ソーシャル ソーシャル クラブ(ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB)」とのTシャツ(1万円)、「メディコム・トイ(MEDICOM TOY)」との“眠る犬”のぬいぐるみ(2800円)、「ジョン スメドレー(JOHN SMEDLEY)」とのニット(3万1000円)、藤原ヒロシとポケモンの合同プロジェクト「サンダーボルト プロジェクト バイ フラグメント&ポケモン(THUNDERBOLT PROJECT BY FRGMT&POKEMON)」のピカチュウのぬいぐるみ(1万6000円)や“ニンテンドースイッチ”(3万9800円)など。

 なお、第2弾のコンテンツは12月2日に発表予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら