ビジネス

「シュプリーム」の次に投資会社が狙うストリートブランド大胆予想

 巨大投資ファンドのカーライル・グループ(CARLYLE GROUP)によるシュプリーム(SUPREME)の株式取得は、投資会社の目がストリートブランドにも及んでいること、また、ストリートブランドのすべてがインディペンデントに固執しているワケではないことを印象付けた。

 そこで米「WWD」は、投資会社の次なるターゲットになりそうなストリートブランドを大胆予想。略歴とともに紹介する。

キス(KITH)

 ロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)がサム・ベン・アブラハム(Sam Ben-Avraham)とともに2011年に創業したニューヨークのスニーカーショップからスタート。ロニーは8月25日、東京・渋谷にあるナノ・ユニバース ジ オークフロアー(NANO UNIVERSE THE OAK FLOOR)のテイクアウトスタンド跡地にシリアルバー「キス トリーツ(KITH TREATS)」をオープンした。

 サムはかつてセレクトショップのアトリウム(ATRIUM)を手掛け、ストリート系の合同展示会プロジェクト(PROJECT)を仕掛けた人物。現在は、同じく展示会のリバティ・フェアーズ(LIBERTY FAIRS)の立役者を務めている。

パレス スケートボード(PALACE SKATEBOARDS)

 09年にレヴ・タンジュ(Lev Tanju)が創業したスケートブランド。現在は拠点を構えるロンドンの他、ニューヨークにもショップをオープン。スケートボードのチームを持ち、所属のスケーター、ブロンディ・マッコイ(Blondey McCoy)は、ユース世代から圧倒的な支持を誇る。彼はアーティストとしても活動する傍ら、「テムズ ロンドン(THAMES LONDON)」というブランドを手掛ける。

ノア(NOAH)

 「シュプリーム」の元クリエイティブ・ディレクター、ブレンドン・バベンジン(Brendon Babenzien)が手掛けるニューヨークのストリートブランドはベイクルーズと契約を交わして9月、裏原宿に世界3番目の店舗をオープンした。初年度売上高目標は2億5000万円。うち、ECは8000万円を計画する。

ノー・ウェーブ(KNOW WAVE)

 「ノア」同様、「シュプリーム」卒業生のエーロン・ ボンダロフ(Aaron Bondaroff)がスタート。もともとはヒップホップメインのネットラジオだった。

リッピンディップ(RIPNDIP)

 アメリカ・フロリダ生まれのスケーター、ライアン・オコナー(Ryan O'Connor)が09年にロサンゼルスで創業。

アンチ ソーシャル ソーシャル クラブ(ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB)

  ニーク・ラーク(Neek Lurk)が15年に創業。ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)から「ヴァンズ(VANS)」まで、幅広いショップやブランドとコラボレーションを重ねる。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら