ファッション

初上陸「キス トリーツ」のオーナー、ロニー・ファイグに聞く日本進出の裏側

 ニューヨークのスニーカーショップ「キス(KITH)」が運営するシリアルバー「キス トリーツ(KITH TREATS)」が8月25日、東京・渋谷にあるナノ・ユニバース ジ オークフロアー(NANO UNIVERSE THE OAK FLOOR)の1階にオープンした。ニューヨークを拠点に今世界で最も注目を浴びているショップの一つと言っても過言ではない「キス」がなぜ日本に出店したのか? しかも、どうしてスニーカーショップではなく、シリアルバーなのか?来日したオーナーのロニー・ファイグ(Ronnie Fieg以下、ロニー)に真相を聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):日本への出店の経緯は?

ロニー:日本も東京の文化も大好きだったからね。数年前にナノ・ユニバースがベーカリーを出したときに日本にいたんだけれど、小さいスペースながらコンセプトがしっかりしていて、空間の素晴らしさに感動した。「キス トリーツ」はニューヨークとマイアミで成功して、次はどこに出そうかと考えていたんだ。日本のファンが「キス」の世界観を待っているのも知っていたし、家族のような友達のジュンヤ(「キス トリーツ」の日本での運営を担当するJF&Fの俣野純也)もいる。だからいつか日本に恩返しできないかと思っていた。

WWD:初の海外出店だが、アメリカ国外に出店しなかったのはなぜ?

ロニー:もしアメリカ以外でどこかに出店するなら、昔から日本と決めていたよ。僕は日本が世界で一番好きだから、ずっと東京で何かできるチャンスがあればと思っていた。ちょうどビジネスを拡大しようと思っていたタイミングだったしね。

WWD:なぜ本体の「キス」ではなく「キス トリーツ」を出店したのか?

ロニー:今、東京に「キス トリーツ」のようなお店がなかったからね。日本にはアメリカのシリアルが無いし、目新しく思ってくれるんじゃないかと思ったんだ。アメリカでは「キス」と「キス トリーツ」は別の業態なんだけど、今までに手掛けたことのないマーチャンダイジングをやってみたくて、バーで洋服やアクセサリーを売ろうと思っている。Tシャツやスエット、アクセサリーも並べるよ。

WWD:東京店のコンセプトは?

ロニー:「キス」はライフスタイルブランドでもあるし、小さなセレクトショップの集合体でもある。シューズやアパレル、アクセサリー、本、アート、それにホームグッズも電子グッズも全てね。いろんなものを手に入れられる場所、それが「キス」なんだ。「キス トリーツ」は、そんな「キス」ブランドの延長線上にあるフード業態。子供の頃からシリアルが大好きで、朝、昼、晩、3回食べるぐらいのシリアル中毒だった。だから両親は、シリアルを食べさせてくれなくなって、友達の家で食べていたよ。シリアルバーは、小さい頃からの夢だったんだ。3年前にブルックリンの「キス」の中に1号店をオープンした。アイスも一緒に販売して、アイスとシリアルを混ぜて一緒に食べられるようにした。それからミルクシェイクを始めたり、ボウルでいろんな味のシリアルをミックスできるようにしたりした。僕は、常に自分の好きなことや大切なモノを全部詰め込めるような場所を作りたいと思っている。だから「キス トリーツ」もメーンはシリアルだけど、アイスも食べられるし、「キス」もただスニーカーやアパレルを並べるだけにしたくなかった。東京店も同じだね。

WWD:「キス トリーツ」東京店では、どんなメニューを用意する?

ロニー:数種類用意しているけど、僕が作った“ファイグスター”っていうオリジナル味がある。どんな味かは、バーのマスターに聞いてみてほしい。

WWD:日本のマーケットはどう思う?

ロニー:すごくユニークだよね。アメリカ人よりも一人一人の個性が確立していて、感動するよ。ショッピングの仕方も、日本人は世界のどの国よりも商品の本質をちゃんと見ている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら