ファッション

NYのスニーカーショップ「キス」のシリアルバーが初上陸

 ニューヨーク(NY)のスニーカーショップ「キス(KITH)」が運営するシリアルバー「キス トリーツ(KITH TREATS)」が8月25日、東京・渋谷にオープンする。住所は渋谷区神南1-19-14で、ナノ・ユニバース ジ オークフロアー(NANO UNIVERSE THE OAK FLOOR)の一角。「キス トリーツ」は現在、NYに2店舗、マイアミに1店舗出店しており、アメリカ以外には今回が初出店となる。日本国内の運営は、シューズブランド「カミナンド(CAMINANDO)」の俣野純也デザイナーが代表を務めるJF&Fが担当する。

 店舗デザインは、ユナイテッドアローズ&サンズの空間もデザインしたNY・ブリックリンのクリエイティブ・チーム、スナーキテクチャー(SNARKITECTURE)が担当した。東京店では、アイスクリーム4種類(チョコレート、クッキー&クリーム、抹茶、タルト)を販売する(価格は未定)。今後はシェイクもラインアップする予定だ。オープン記念で、日本限定のアパレルアイテムも発売する。

 「キス」は2011年にNYにオープンしたスニーカーショップで、「アシックス(ASICS)」や「ティンバーランド(TIMBERLAND)」「アディダス(ADIDAS)」「クラークス(CLARKS)」「ニューバランス(NEW BALANCE)」など、幅広いシューズブランドとのコラボで話題を作ってきた。2015年にオーナーのロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)が子供の頃からの夢だったというシリアルバー「キス トリーツ」をNYにオープンした。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら