ファッション

「ヴェトモン」ブーム終了報道のウェブメディア「ハイスノバイエティ」が日本上陸

 「ナイロン ジャパン(NYLON JAPAN)」などを発行するカエルム(CAELUM)は、ベルリンを拠点にするストリートウェブメディア「ハイスノバイエティ(HIGHSNOBIETY)」の日本版を4月26日にローンチする。日本オリジナルコンテンツと海外版の翻訳記事で構成し、秋には紙媒体も開始する予定だ。

 ローンチを記念し、「アクロニウム(ACRONYM)」「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」「シビリスト(CIVILIST)」「エヌ ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」「ノア(NOAH)」「プレジャーズ(PLEASURES)」「リチャードソン(RICHARDSON)」の計7ブランドとコラボレーションしたTシャツを制作。「ハイスノバイエティ」の公式ECサイトでのみ販売する。

 「ハイスノバイエティ」は2005年にデヴィッド・フィッシャー(David Fischer)最高経営責任者のブログとしてスタート。各国のファッションやスニーカー、音楽、アート、そしてデザインを中心に取り上げており、現在は拠点であるベルリンの他、ニューヨーク、ロンドンなどに支社を持つ。3月末に「ヴェトモン(VETEMENTS)」の人気が低下しているとの報道を行い、デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)=ヘッド・デザイナーらがSNSで大反論したことでも話題となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。