ファッション

無修正写真に10万字インタビュー、安達祐実&編集長が異例のマガジン誕生秘話を語る

 「ナイロン(NYLON)」や「シアン(CYAN)」を発行するカエルムが28日、女優・安達祐実(以下、安達)にフォーカスを当てたパーソナルマガジン「ホーム(home)」を発売した。誌面には夫・桑島智輝も参加した70ページ超のポートレートに加えて、10時間・10万字におよぶ超ロングインタビューを掲載。安達祐実のリアルに迫る内容だとして発売前から大きな話題となった。どのような経緯で創刊に至ったのか、安達と発起人の宇都宮定典「ホーム」編集長(以下、宇都宮)を直撃した。

WWDジャパン(以下、WWD):まず、「ホーム」という媒体を創刊した背景について教えてください。

宇都宮:この時代に紙媒体の必要性は何かと考えた時、スピードでも量でもない。情報をうまくカテゴライズすれば成立するかなとも思ったんですけど、今若い子は情報を自分でセレクトできるから、そういう雑誌でも意味がないと。だったら、1人の人間を深く突き詰めるということを考えて、情報を残すという考え方では、紙がベストなのではないかと思いました。

WWD:深掘りする雑誌を作ろうと。

宇都宮:相当踏み込めないと雑誌が成立しないという前提だったので、安達さんにもオファーの際には「全部聞いてしまうけどいいですか」と相談しました。もちろん過去の話もするけど、それは今の自分が思う過去で、36歳の今、過去を振り返ってこう思っているということを残すことに意義があるんだなと。

WWD:しかも、写真は無修正という。

宇都宮:記録として残す写真が修正入れまくりだと、振り返ってみた時に寂しいと思うんですよね。今の子見てても思うんですけど、学生時代の写真が全部「スノー(SNOW)」とか過剰なプリクラだと後できっと後悔すると思いません?“盛る”作業を楽しむのも良いけど、ありのままの自分も残しておかないと。無修正っていうのはその意思の提示でもありますね。なんなら僕的には、ファッション雑誌はみんなで無修正宣言して、「ファッション誌は素でキレイな人しか出られない」って常識にしたいですね。そうすることで紙のブランド力も上がるし、世の中に残る媒体になるんじゃないかなぁと思いますから。

WWD:それもあって、発売前からかなり話題になりましたよね。初めから、安達さんありきだったんですか?

宇都宮:安達さんは安達さんで素敵だなと思っていた。「なぜ安達さん?」と聞かれた時に、最近の安達さんを見ていない人からすると「なぜ?」という感じだけど、最近の安達さんを見ている人からすれば「そりゃそうでしょ?」と思うはず。最近のインスタを見ている人なら共感できる、“普通”の選択だったんです。

WWD:企画が動き始めたのはいつですか?

宇都宮:いろんなアイデアをぼんやり考えている中で、社内でも夏くらいからやろうとプレゼンしてました。

WWD:やるなら安達さんだろうと?

宇都宮:即決でした。

WWD:すぐにオファーを受けたんですか?

安達:(始動して)結構すぐですね。

宇都宮:夏にお声掛けしたよね。逆にいうと、安達さんから始めないと成立しないと思ったんですよ。一発目のインパクトと、媒体のコンセプトにもっともマッチする人と考えた時に。

WWD:深掘りという点で?

宇都宮:そうです。この人は疑問点ばかりだと。昔からいろんなことがあって、普通こんな風になれないよなと。昔より若返っているのに疑問が湧いてくる。あれだけの経験をして、昔より若返っているのには何かがある。それは美容とかではなく精神的な何かで、再婚とかもあるだろうけど、そういう疑問こそ本にすべきだろうと。

WWD:なるほど。ターゲットは?

宇都宮:ターゲットは30代くらいの女性。男性は完全に無視してます。

WWD:それは、安達さんのファン向けということ?

宇都宮:そうではなく、彼女の魅力を伝えるために、“男性受け”的なことはしたくないと思った。僕も安達さんと同い歳なんですが、36歳の安達祐実を形にした結果です。

WWD:広告も入れずに、思い切りましたよね。

宇都宮:前半が演じている安達祐実、後半が素の安達祐実という流れができているので、それを大切にしたいなと。

WWD:タイトルのデザインは「honne」に見えますね。

宇都宮:ここは読んだ人が察してくれればいいな、くらいのイメージです。裏表紙も見たら、タイトルとも偶然リンクしてるでしょ?そのへんも読んだ人が察してくれればいいなと。

WWD:結果的に、安達さんのための雑誌みたいになったんですね。

宇都宮:結果的にリンクして、そうなってしまいましたね。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら