ファッション

「ノア」がトランプ政権の石油掘削の大規模容認を批判

 ブレンドン・バベンジン(Brendon Babenzien)元「シュプリーム(SUPREME)」クリエイティブ・ディレクターが手掛ける「ノア(NOAH)」が、インスタグラムでドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領政権の方針を批判する文章を1月5日に投稿した。同政権が4日に発表した、ほぼ全ての沖合で石油・ガスの掘削を許可する方針を発表したことを受けての投稿だ。

 米国は現在、ナイアガラの滝が一部凍結したり、海中を泳いでいるサメが凍死したりするほどの記録的な寒波に襲われている。この寒波を受け、トランプ大統領は「外がこんなにも寒いのに地球温暖化はどうして起こるのか」と語り、海洋石油・ガス田の掘削を大々的に容認するとした。

 これに対して「ノア」は「行政が現状をさらに悪化させようとしている」と批判。また、寒波をしのぐための避難所が多くの年で設置されていることを伝えている。この投稿に対して「あなたたち、そして私たちの意見を広めてくれてありがとう」「社会的責任を負っているこのブランドに感謝したい」などのコメントが寄せられている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。