ファッション

ミラノコレでもトランプ批判のメッセージ続々

 ニューヨーク、ロンドンに続き、2017-18年秋冬ミラノ・ファッション・ウイークでもショーを通して、排外主義を提唱するドナルド・トランプ(Donald Trump)政権をはじめ、今の世界に対するメッセージを発信するブランドが多く見られた。

 22日の「アルベルタ フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)」と23日の「マックスマーラ(MAX MARA)」のショーには、ヒジャブを着用して活動しているモデルのハリマ・アデン(Halima Aden)が登場。現在、さまざまな人種や思想のモデルがランウエイで活躍しているが、ヒジャブをまとうモデルは稀。多様性の尊重を感じさせた。

 24日にショーを行った「ヴェルサーチ(VERSACE)」は、「EQUALITY(平等)」「LOVE(愛)」「COURAGE(勇気)」「UNITY(結束)」などの言葉をウエアやアクセサリーにのせた。フィナーレに登場したドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)自身も「EQUALITY」と袖に施されたニットを着用。今を生きる女性への強いメッセージを込めた。

 また、25日の「ミッソーニ(MISSONI)」のフィナーレでは、全米各地で行われたトランプに対する抗議デモ「ウィメンズ・マーチ」で参加者が着用していたピンクの猫耳ニット帽“プッシーハット”をモデル全員が被ってランウエイを闊歩。モデルが歩き終わると、ファミリーと共にアンジェラ・ミッソーニ(Angela Missoni)が登場し、社会における絆を認識する必要性と人権の尊重を訴えた。

【関連記事】
■ニューヨークの40以上のブランドが共同でアンチ・トランプ運動
■ケリングCEOがツイッターでトランプの入国制限措置を批判
■あのデザイナーやセレブも! 続々とアンチトランプを表明

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら