ファッション

ミラノコレでもトランプ批判のメッセージ続々

 ニューヨーク、ロンドンに続き、2017-18年秋冬ミラノ・ファッション・ウイークでもショーを通して、排外主義を提唱するドナルド・トランプ(Donald Trump)政権をはじめ、今の世界に対するメッセージを発信するブランドが多く見られた。

 22日の「アルベルタ フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)」と23日の「マックスマーラ(MAX MARA)」のショーには、ヒジャブを着用して活動しているモデルのハリマ・アデン(Halima Aden)が登場。現在、さまざまな人種や思想のモデルがランウエイで活躍しているが、ヒジャブをまとうモデルは稀。多様性の尊重を感じさせた。

 24日にショーを行った「ヴェルサーチ(VERSACE)」は、「EQUALITY(平等)」「LOVE(愛)」「COURAGE(勇気)」「UNITY(結束)」などの言葉をウエアやアクセサリーにのせた。フィナーレに登場したドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)自身も「EQUALITY」と袖に施されたニットを着用。今を生きる女性への強いメッセージを込めた。

 また、25日の「ミッソーニ(MISSONI)」のフィナーレでは、全米各地で行われたトランプに対する抗議デモ「ウィメンズ・マーチ」で参加者が着用していたピンクの猫耳ニット帽“プッシーハット”をモデル全員が被ってランウエイを闊歩。モデルが歩き終わると、ファミリーと共にアンジェラ・ミッソーニ(Angela Missoni)が登場し、社会における絆を認識する必要性と人権の尊重を訴えた。

【関連記事】
■ニューヨークの40以上のブランドが共同でアンチ・トランプ運動
■ケリングCEOがツイッターでトランプの入国制限措置を批判
■あのデザイナーやセレブも! 続々とアンチトランプを表明

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。