ファッション

「シュプリーム」がNYの第1号旗艦店を閉店

 「シュプリーム(SUPREME)」が第1号旗艦店であるニューヨーク・ラファイエットストリート店を閉店したと、複数の海外メディアが報じている。報道によると、現在同店跡にはテナント募集の看板が掲げられており、何が入るかまだ決まっていないようだ。

 ニューヨーク・ラファイエットストリート店は「シュプリーム」の第1号旗艦店として1994年4月にオープン。以降25年にわたり、スケーターが集い観光客が訪れるなどニューヨークを代表するスケートショップとして常に賑わいを見せていた。しかし、今年2月にリニューアルオープンと称して一時閉店。仮店舗を徒歩数分先のバワリー通り沿いにあるジャーマニア銀行ビル1階にオープンしていた。今後はこのバワリー通り店がニューヨークの旗艦店となる見込みだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら