ファッション

「シュプリーム」のスケートボード・コレクションが1370万円で落札 中国人コレクターが電話で入札

 6月27日に開催されたロンドンのオークション会場、ボナムス(BONHAMS)でのオークションに「シュプリーム(SUPREME)」のスケートボード・コレクションが出品され、落札予想額10万~15万ポンド(約1370万~2055万円)に対し、最低価格の10万ポンドで落札された。

 ストリートブランドとして常に注目を浴びる「シュプリーム」だが、ニューボンドストリートにあるボナムスのオークション会場に集まった入札者はわずか23人で、ほかに12人が電話入札で参加。オークション開始から1分で電話入札した中国人コレクターが落札した。出品されたのは2011~19年に発売された131枚のスケートボードのレアコレクションで、スケートボード1枚あたりの価値は763ポンド(約10万円)となった。

 スケートボード・コレクションの中にはチャップマン・ブラザーズ(The Chapman Brothers)やウルス・フィッシャー(Urs Fischer)、シンディ・シャーマン(Cindy Sherman)、ナン・ゴールディン(Nan Goldin)、マイク・ケリー(Mike Kelly)といったアーティストとのコラボレーションモデルや、ブルース・リー(Bruce Lee)や映画「ゴッドファーザー」、「キャット・イン・ザ・ハット」などをモチーフにしたスケートボードが含まれていた。

 「シュプリーム」の公式ウェブサイトでスケートボードは49~88ポンド(約6700~1万2000円)で販売されており、オンラインリセールサイト「ストックX(StockX)」では50~200ポンド(約6800~2万7400円)で取引されている。今回落札されたコレクションの中で最も高値で取引されているものは、16年のウルス・フィッシャーとのコラボによる、シガレット・アートがプリントされた「Toasted」「Baked」「Fried」シリーズのもので、1枚当たり1532ポンド(約20万円)で売買されている。

 意外にも盛り上がりに欠けるオークションとなったが、どんなに高騰したとしても中国の熱狂的ファンにとって価格は関係なさそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら