ファッション

「シュプリーム」の“バンドエイド”が誕生

 「シュプリーム(SUPREME)」は3月7日(現地時間)、ジョンソン・エンド・ジョンソン社が製造・販売している“バンドエイド(BAND-AID)”とコラボレーションしたアイテムを発売した。7.5cm × 0.9cmと5.7cm × 0.6cmの2サイズが10枚ずつの1箱20枚入りで、一般的な“バンドエイド”を「シュプリーム」のブランドカラーである赤色にアップデートし、両サイドに星をあしらった。ニューヨーク店やロンドン店などの海外店舗では取り扱っていたが、日本での販売は未定。

 なお同日は日本の文具メーカー、ペンコ(PENCO)とのポケットメジャーや、グローバル・クリエイティブ・ディレクターにクリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)が就任したばかりの「ティンバーランド(TIMBERLAND)」とのコラボのアイテムも発売した。

 「ティンバーランド」とはここ数シーズン、ブーツタイプのモデルをベースに定期的にコラボしていたが、今回はモカシンシューズをベースとした。アッパー全体にカーフヘアレザーを使用し、サイドにさりげなくあしらわれた“Supreme”のネームプレートとハトメをゴールドにすることで上品な雰囲気を持ちながらも、ソールにはアウトドアシューズに多く見られるラバーラグを採用し機動力も高い一足に。レオパード柄とオールブラックの2型を用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら