ファッション

「シュプリーム」の“バンドエイド”が誕生

 「シュプリーム(SUPREME)」は3月7日(現地時間)、ジョンソン・エンド・ジョンソン社が製造・販売している“バンドエイド(BAND-AID)”とコラボレーションしたアイテムを発売した。7.5cm × 0.9cmと5.7cm × 0.6cmの2サイズが10枚ずつの1箱20枚入りで、一般的な“バンドエイド”を「シュプリーム」のブランドカラーである赤色にアップデートし、両サイドに星をあしらった。ニューヨーク店やロンドン店などの海外店舗では取り扱っていたが、日本での販売は未定。

 なお同日は日本の文具メーカー、ペンコ(PENCO)とのポケットメジャーや、グローバル・クリエイティブ・ディレクターにクリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)が就任したばかりの「ティンバーランド(TIMBERLAND)」とのコラボのアイテムも発売した。

 「ティンバーランド」とはここ数シーズン、ブーツタイプのモデルをベースに定期的にコラボしていたが、今回はモカシンシューズをベースとした。アッパー全体にカーフヘアレザーを使用し、サイドにさりげなくあしらわれた“Supreme”のネームプレートとハトメをゴールドにすることで上品な雰囲気を持ちながらも、ソールにはアウトドアシューズに多く見られるラバーラグを採用し機動力も高い一足に。レオパード柄とオールブラックの2型を用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら