ニュース

橋本環奈が「スガオ」新イメージキャラクターに 20歳を迎え“大人すぎる”素顔も披露

 ロート製薬は、ベースメイクブランド「スガオ(SUGAO)」の「スノーホイップクリーム」から新色「ピンクホワイト」(1200円※編集部調べ)を3月13日に発売する。発売に合わせ、「スガオ」の新イメージキャラクターに女優の橋本環奈を起用。7日に行われた発表会に、同アイテムを使用したナチュラルメイクにピンクの衣装をまとった橋本が登場した。

 橋本は、「先月20歳になって『ありのままの自分を大事にしたい』と思うようになったときに(イメージキャラクターの)オファーをいただけてとてもうれしい。素肌がきれいに見えるメイクは、最終的にたどり着くメイクなのかなと思う」と笑顔を見せた。以前から「スノーホイップクリーム」を使っていたといい、「魅力はバッチリ伝えられると思う。毎日のメイクで時短したいけど上品にもしたい時、自然に透明感のある白い肌を作れる」と太鼓判を押した。

 普段の美容については「帰ったらすぐメイクを落として、保湿を心がけている。休日には、肌を休ませるための“メイクオフ日”を作っている。また、自分に自信を持つことも大事。自信を持てば自然体の自分でいられるが、そのためには自然体がいいものじゃないといけない。だからこそ礼儀や振る舞いなど、日々の積み重ねを大事にしている」と20歳になった“大人な”考えも述べた。

 また、20歳になって変わったことを聞かれると「撮影がクランクアップした後、スタッフや出演者と集まって1杯だけビールを飲んだ。仕事終わりのビールってこういうことかと身に染みて思った」と笑顔を見せた。

 「スノーホイップクリーム ピンクホワイト」は、生まれたときの素肌のような白さを実現する化粧下地。スノーホワイトパールが光を受けて明るい透明感を生み出す。肌なじみがよく、ホイップのような柔らかいつけ心地も特徴だ。なお、キャンペーンビジュアルにも登場する“シロネコ”モチーフのポーチがついた数量限定キットも単品と同価格の1200円で発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら