ファッション

「シュプリーム」からドラムセットが登場

 毎シーズン、ユーモアに富んだコラボアイテムを発売する「シュプリーム(SUPREME)」が、日本の楽器メーカー・パール楽器製造とのドラムセットを6月8日に発売する。世界で50〜60セットが用意されているというが、日本での展開数と価格は未定。6日に海外で発売された際は、4998ドル(約54万円)の値段にもかかわらずオンラインでは約5秒で完売した。

 ドラムのシェル(胴部分)を「シュプリーム」のブランドカラーであるレッドに仕上げ、おなじみの“Supreme”の文字も大胆にプリントするなど、ファン垂涎のアイテムに仕上がっている。またセットには、400年の歴史をもつシンバルブランド「ジルジャン(ZILDJIAN)」とのコラボシンバルも含まれている。

 「シュプリーム」の公式インスタグラムには、カーミットで知られる映画「ザ・マペッツ(The Muppets)」の登場キャラクターでドラマーのアニマルが、このドラムセットを使用した圧巻のドラムパフォーマンスの様子が投稿されている。

 なお、「シュプリーム」はこれまでもたびたび楽器を発表しており、昨年はギターと鍵盤ハーモニカを、12年にはハーモニカを発売した。

 パール楽器製造は1946年に東京で設立。ディープ・パープル(Deep Purple)のイアン・ペイス(Ian Paice)や、キッス(KISS)のエリック・シンガー(Eric Singer)、元スリップノット(Slipknot)のジョーイ・ジョーディソン(Joey Jordison)らトップドラマーが同社のドラムセットを愛用している。

 同日は、老舗スポーツブランド「47ブランド(’47 BRAND)」をコラボレーターに迎え、米カリフォルニア・オークランドを本拠地とするNFLチーム、オークランド・レイダース(Oakland Raiders)にフォーカスしたコレクションなども発売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら