ファッション

「シュプリーム」からドラムセットが登場

 毎シーズン、ユーモアに富んだコラボアイテムを発売する「シュプリーム(SUPREME)」が、日本の楽器メーカー・パール楽器製造とのドラムセットを6月8日に発売する。世界で50〜60セットが用意されているというが、日本での展開数と価格は未定。6日に海外で発売された際は、4998ドル(約54万円)の値段にもかかわらずオンラインでは約5秒で完売した。

 ドラムのシェル(胴部分)を「シュプリーム」のブランドカラーであるレッドに仕上げ、おなじみの“Supreme”の文字も大胆にプリントするなど、ファン垂涎のアイテムに仕上がっている。またセットには、400年の歴史をもつシンバルブランド「ジルジャン(ZILDJIAN)」とのコラボシンバルも含まれている。

 「シュプリーム」の公式インスタグラムには、カーミットで知られる映画「ザ・マペッツ(The Muppets)」の登場キャラクターでドラマーのアニマルが、このドラムセットを使用した圧巻のドラムパフォーマンスの様子が投稿されている。

 なお、「シュプリーム」はこれまでもたびたび楽器を発表しており、昨年はギターと鍵盤ハーモニカを、12年にはハーモニカを発売した。

 パール楽器製造は1946年に東京で設立。ディープ・パープル(Deep Purple)のイアン・ペイス(Ian Paice)や、キッス(KISS)のエリック・シンガー(Eric Singer)、元スリップノット(Slipknot)のジョーイ・ジョーディソン(Joey Jordison)らトップドラマーが同社のドラムセットを愛用している。

 同日は、老舗スポーツブランド「47ブランド(’47 BRAND)」をコラボレーターに迎え、米カリフォルニア・オークランドを本拠地とするNFLチーム、オークランド・レイダース(Oakland Raiders)にフォーカスしたコレクションなども発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら