ファッション

「シュプリーム」仕様のフェンダー“ストラトキャスター”が登場

 「シュプリーム(SUPREME)」は12月14日(現地時間)、世界的楽器メーカーのフェンダー(Fender)とコラボした“ストラトキャスター(Stratocaster)”を発売することを公式インスタグラムで発表した。

 “ストラトキャスター”は、1954年から発売されているフェンダーを代表するエレクトリックギター。“ストラト”の愛称で親しまれ、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)やエリック・クラプトン(Eric Clapton)、ジェフ・ベック(Jeff Beck)、ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)、リッチー・コッツェン(Richie Kotzen)ら多くのギタリストたちが使用している。

 「12/14/2017」のテキストとともに投稿された映像には、カリフォルニア・コンプトン出身の西海岸のヒップホップ・シーンを牽引するラッパーでプロデューサーのDJ クイック(DJ Quik)が登場。オールホワイトのボディの中央に「シュプリーム」のボックスロゴが施された“ストラトキャスター”を試奏し、「面白い。このギターを手に入れて世界を変える人物が出てくるだろうね。それがいまの時代だよ。次世代を担う人物は常に存在するからね」とコメントしている。

 なお、この“ストラトキャスター”は“SUPREME”の文字がプリントされた専用のハードケーツ付きで、価格は27万円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら