ニュース

「シュプリーム」仕様のフェンダー“ストラトキャスター”が登場

 「シュプリーム(SUPREME)」は12月14日(現地時間)、世界的楽器メーカーのフェンダー(Fender)とコラボした“ストラトキャスター(Stratocaster)”を発売することを公式インスタグラムで発表した。

 “ストラトキャスター”は、1954年から発売されているフェンダーを代表するエレクトリックギター。“ストラト”の愛称で親しまれ、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)やエリック・クラプトン(Eric Clapton)、ジェフ・ベック(Jeff Beck)、ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)、リッチー・コッツェン(Richie Kotzen)ら多くのギタリストたちが使用している。

 「12/14/2017」のテキストとともに投稿された映像には、カリフォルニア・コンプトン出身の西海岸のヒップホップ・シーンを牽引するラッパーでプロデューサーのDJ クイック(DJ Quik)が登場。オールホワイトのボディの中央に「シュプリーム」のボックスロゴが施された“ストラトキャスター”を試奏し、「面白い。このギターを手に入れて世界を変える人物が出てくるだろうね。それがいまの時代だよ。次世代を担う人物は常に存在するからね」とコメントしている。

 なお、この“ストラトキャスター”は“SUPREME”の文字がプリントされた専用のハードケーツ付きで、価格は27万円。