ファッション

「ディオール オム」からヘッドホンとイヤホンが登場

 ADビジュアルにミュージシャンを起用するなど、音楽との結びつきが強い「ディオール オム(DIOR HOMME)」は、ドイツの音響機器メーカー「ゼンハイザー(SENNHEISER)」とコラボレーションしたアイテムを発表した。

 アイテムは、“旅”や“日常”などシーンを想定した4つのセットで提案。2017年春夏コレクションのメーンカラーになったブラックとレッドでカラーリングしたヘッドホンやイヤホン、アンプをクラッチバッグやミニバックパックと共にそろえる。価格は14万〜120万円で、6月19日より発売。ギンザ シックス(GINZA SIX)内にオープンした旗艦店「ハウス オブ ディオール ギンザ(House of Dior Ginza)」では、世界先行販売中だ。

■“Home ”(120万円)
ヘッドホン“HD 800”/ワイヤレスヘッドフォン“PXC 550 Wireless”/カナル型イヤホン“IE800”/ヘッドホンアンプ“HDVD 800”

■“Travel”(28万円)
ワイヤレスヘッドホン“PXC 550 Wireless”/ミニバックパック

■“Daily”(14万円)
ワイヤレスヘッドホン“PXC 550 Wireless”/クラッチバッグ

■“Pocket”(14万円)
カナル型イヤホン“IE800”/ポーチ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら