ニュース

「ケイト・スペード ニューヨーク」の香水&ボディーケアアイテム、販路拡大

  川辺は28日、国内の正規輸入代理店として取り扱いを開始した「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」の新作シリーズを全国で発売した。香水のほかボディーローション、ボディークリームなどのアイテムも展開する。同社は2013年まで「ケイト・スペード」のディストリビューションを手掛けていたが、今回再契約した。これまで直営店のみでの取り扱いだった既存の香水&ボディーケアシリーズ「リブカラフリー(LIVE COLORFULLY)」も、全国の百貨店や香水カウンターなどで販売する。

 スズランの香りを基調とした新作「ウォークオンエアー」は、ブランドのホームタウンであるNYのスカイラインをイメージ。リンデンブロッサム、ベルガモット、ネロリのトップノートからホワイトイリス、クリナムリリー、バイオレットリーフのドライダウンまで、フレッシュで爽やかな調香が特長だ。

 香水「ウォークオンエアー オーデパルファム」(30ml 7300円、50ml 9800円、100ml 1万2000円)は丸みを帯びた淡いブルーのボトルにブランドのシグネイチャーであるリボンをあしらったデザインで、外出時の使用も想定しロールオンタイプ(10ml 3200円)も用意。その他、同じ香りのボディーローション(200 ml 6100円)、シャワークリーム(200 ml 5500円)、 ボディークリーム(200m l 1万400円)もそろう。

 ファッションアイテムからホームコレクションまでのカテゴリーで展開するNY発の「ケイト・スペード」は、“ライフスタイルブランド“としても認知されており、ファン層も幅広いことから、同社は香水のみならずボディーケアアイテムの反応にも期待を寄せている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら