ニュース

「バーバリー ビューティ ボックス」が渋谷に期間限定店

 「バーバリー(BURBERRY)」の化粧品を取り扱う直営店「バーバリー ビューティ ボックス」が5月15〜24日、東京・渋谷の東急百貨店東横店1階に期間限定ショップをオープンする。同ショップは銀座や池袋、大阪・梅田、横浜に店舗を構えるが、渋谷に進出するのは今回が初めて。なお、英バーバリー社は現在グローバルでディストリビューション契約の見直しを進めているが、今回の限定店舗は日本上陸時からのパートナーである資生堂が手掛ける。

 限定ショップは、「バーバリーサマーラブイベント」をテーマに夏らしいメイクを提案。今年1月に発売しホイップリップクリーム 「バーバリー リキッド リップベルベット」(全14色・3800円)ほか、ハートデザインをあしらった数量限定のチーク&ハイライター「バーバリー ファーストラブ ブラッシュ ハイライター」、同店限定で取り扱う「バーバリー ロンドンウィズラブ イルミネイティングブロンザー」(共に7400円)も数量限定で発売する。

  その他、18〜20日には渋谷ヒカリエで美容家の神崎恵、モデルの鈴木えみ、ヘア&メイクアップアーティストのKUBOKI、河北裕介が登場する有料ワークショップも開催。定員は18日が160人)、19・20日は1日2回開催で定員80人。事前予約制となり、参加費は3400円(「バーバリーフルキス」の代金を含む)。

  「バーバリー ビューティ ボックス」は2015年に日本に上陸。コスメ、フレグランスのほか16年末からはルームフレグランスやハンドウォッシュなどのホームコレクションもスタートした。日本でのライセンス契約は海外とは異なり資生堂が行なっていたが、今年4月に契約を終了すると発表。実際の終了時期等について資生堂はコメントしていない。なお、英バーバリー社はグローバルネットワークを武器としている米コティ社(COTY)と新たに契約を結んだことを発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら