ニュース

「ビーツ」が「アレキサンダー ワン」とのコラボヘッドフォンを発売

 アップル傘下の「ビーツ・バイ・ドクタードレ(BEATS BY DR.DRE 以下、ビーツ)」は、「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG 以下、ワン)」とコラボした“Beats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン−Alexander Wangスペシャルエディション”を発売した。価格は5万6800円で、通常商品より2万円高い。「ビーツ」と「ワン」のコラボは、2013年にスピーカー、ヘッドフォン、イヤフォンを発売して以来、2回目。アップルのオンラインストア、アップルの表参道と銀座、心斎橋で販売しており、「アレキサンダー ワン」青山店では、12月15日から数量限定で販売する。

 商品は、クロコダイル風のエンボス加工を施したイタリアンレザー製のイヤーカップにクロームでアクセントをつけた。本体と同色のハードシェルケースも付属。色はドーブグレーと呼ばれる、アレキサンダー・ワンらしいグレー。Bluetoothに対応し、最大12時間バッテリーが持続する。アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能と内蔵マイクも搭載する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら