ファッション

ヨウジヤマモトがモードな写真展開催

 ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)は、12月10日から東京オペラシティ アートギャラリーで開催される展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」の関連展覧会として、「ヨウジヤマモト / モード写真」展を代官山ヒルサイドフォーラムで開催する。会期は12月17日から2017年1月15日まで(12月29日~1月4日は休館)。同展では、クレイグ・マクディーンやデヴィッド・シムズ、ピーター・リンドバーグ、田原圭一、山本豊、レスリー・キーら数々の写真家が撮影したモード写真のオリジナルプリントやポスターを展示。ヴィム・ヴェンダーズによるドキュメンタリー作品やランウエイショーをもとに制作された映像作品なども上映し、写真、映像、音楽を織り交ぜて山本のクリエイションをひもとく。

 また、開催期間中は代官山ヒルサイドテラスF棟1階に限定ショップを開く。「画と機」展の開催に際して山本と朝倉により制作されたカプセルコレクション「エー ヨウジヤマモト(@YOHJI YAMAMOTO)」を扱う他、関連書籍を販売。カプセルコレクションはTシャツ5種(各6000円)、パーカー2種(各12000円)、トートバッグ4種(各6800円)で、東京オペラシティ アートギャラリーのギャラリーショップと同店のみで購入可能だ。

会期:12月17日(土)~2017年1月15日(日)(12月29日~1月4日は休館)
時間:12:00~20:00
会場:代官山ヒルサイドフォーラム
住所:東京都渋谷区猿楽町18-8
入場料:一般1000円、学生500円

【関連記事】
山本耀司が展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」を開催

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら