ファッション

「アニヤ・ハインドマーチ」がショーを休止 代わりに消費者向けイベント開催

 「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」は、年2回実施しているショーを休止し、代わりに消費者向けのイベントを年4回行う。アニヤ・ハインドマーチ=デザイナーが「ハプニング」と呼ぶこのイベントの目的は「オフラインとオンラインとを問わず、商品が店頭に並んでいるときにブランドのクリエイティビティーと消費者が深く関わる」ためだという。

 「アニヤ・ハインドマーチ」は同イベントに向けてすでに動き始めており、2018年2月のロンドン・ファッション・ウイークでこの新プロジェクトについて紹介し、第1回のイベントは9月のロンドン・ファッション・ウイーク期間中に行われ、18-19年秋冬のコレクションを“SEE NOW, BUY NOW”形式でお披露目する。

 ハインドマーチは、「従来のファッションシステムは時代遅れな部分もあり、消費者のために一番になることがしたいと考えていた。消費者向けのイベントに切り替えることについてブランドのチームと、長らく話し合ってきた。業界人向けのショーから消費者向けのイベントに切り替えることによって、さまざまな面でクリエイティビティーを増幅できるし、より多くの消費者にアプローチできる。私にとっては新しいおもちゃのようなもの」と語る。

 「アニヤ・ハインドマーチ」のショーは、ダンサーやシンガーなどが登場するブロードウエイ・ミュージカルのようなパフォーマンスで知られているが、イベントも「同じくらいクレイジーでエキサイティング」なもので、商品の発売と同時発表になるという。また、イベントの規模や場所については、「大規模なものもあればこぢんまりとしたものも考えており、場所はロンドンの時もあればロンドン以外で開催することもあるだろう」と説明した。

 5月にスタートした“ビルド・ア・バッグ(BUILD A BAG)”コレクション、11月に発売したホームフレグランス“アニヤ・ハインドマーチ スメルズ(ANYA HINDMARCH SMELLS)”も好調で、消費者ベースのビジネスに手応えを感じているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら