ファッション

ロンドンで「アニヤ・ハインドマーチ」の“おデブな雲”体験イベントに行ってみた

 「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」はロンドン・ファッション・ウイーク期間中に、消費者参加型のイベントを実施した。会場となったトラファルガー広場そばの古いホールに足を踏み入れると、空間いっぱいに置かれているのは真っ白な巨大クッション。参加者はスタッフから手渡された白衣を身に着けて、そびえる山のようなクッションによじ登る。ふわふわと沈み込むため、足を取られてなかなか登れない。

 “チャビー クラウド(おデブな雲、といった意味)”と名付けられたこのクッションは、同ブランドが今秋冬推している、もこもことした手触りのバッグやチャームのシリーズ“チャビー”からイメージを発展させたもの。登頂した後に寝転んで天井を見上げれば、そこには荘厳な絵画が広がる。由緒正しいホールのため、なんと、バロック美術を代表する画家、ルーベンスの作品なのだという。そんな空間で寝転んでいるという特別感が楽しい。

 そうこうしているとアニヤ本人による挨拶が始まり、続くのは専門家による瞑想のレクチャー。合唱隊の美しい歌声をBGMに、みなで雲のクッションに包まれながら瞑想してリラックスする。参加する回によって、本の読み聞かせであったり、クロストークであったりと内容は異なるらしい。クッションを楽しんだ後は、ホール内のカフェで雲の形のお菓子を食べるもよし、ポップアップストアで“チャビー”の限定商品を買うもよし。

 同ブランドは前シーズンから、ショーやプレゼンテーションに代えて、同様の消費者参加型イベントを行っている。消費者は公式サイトでチケットを購入して参加する仕組み。チケットは10ポンド(約1430円)前後だ。わいわいと楽しそうに写真を撮る参加者たちが印象的で、インスタグラムでもしっかり拡散されている。どうやらブランド側の狙いは的中したようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら