ファッション

BLACKPINKやAMIAYAも駆けつけた! 「マルベリー」が「エキセントリックな感性」展を韓国で開催

 「マルベリー(MULBERRY)」は9月9日まで韓国・ソウルのK現代美術館で「エキセントリックな感性」展を開催する。異なる時代の産物や独自の伝統など、さまざまな要素を組み合わせることで新たに生まれる強い魅力を追求した2018-19年秋冬コレクションの世界を表現する。

 一般公開に先駆けて6日には、世界各国からメディアやインフルエンサーらを招いて18-19年秋冬コレクションのランウエイショーを披露。韓国の人気グループBLACKPINKのLisaやRose、モデルのエディ・キャンベル(Edie Campbell)、日本からはAMIAYAらが駆け付けた。会場の壁一面に英国の街並みを撮影したモノクロ写真を並べることで、韓国にいながら英国の雰囲気を再現。キャンディーカラーやフェザー、フラワープリントを使用し、コレクションテーマでもあるエキセントリックな感性を表現した。

 また、ショーの後のパーティーではソウルを拠点に活動するアーティスト集団STUDIO CONCRETEと世界的に有名な韓国人DJ、ペギー・グー(Peggy Gou)がプロデュースするドラァグクイーンらが次々と登場し、クオリティの高いパフォーマンスを披露。会場は最高潮に盛り上がりを見せた。

 「エキセントリックな感性」展は7日以降、一般に公開され、展示スペース内にポップアップストアもオープンする。今シーズンのコレクションがそろう他、“ハーロウ(HARLOW)”シリーズの最新作、“スモール ハーロウ(SMALL HARLOW)”を韓国で先行発売する。また、会場内に設置したタッチパネルとインスタグラムを連動させた自撮りコンテストの開催、土日限定で来場者先着100人にノベルティーのプレゼントを行うなど、盛りだくさんな内容となっている。

 「マルベリー」は近年、SNSなどの広まりから消費者が欲しいと思ったタイミングと実際に手元に届くタイミングにずれが生じていることを改善すべく、オンシーズンに消費者に向けたランウエイショーを開催するなど、消費者中心のイベント作りをグローバルで行っている。今回の韓国でのイベントもその取り組みの一環だ。今後もあらゆる国で消費者を意識したイベントを開催していくという。

 なお、同展示に合わせてソウルの清潭洞(チョンダムドン)にあるセレクトショップ、ディエチ コルソ コモ(10 CORSO COMO)と百貨店「アヴェニュエル(AVENUEL)」で9月21日まで、18-19年秋冬コレクションから厳選したアイテムを紹介するインスタレーションを展開予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら