ファッション

「ヴェトモン」がランウエイにカムバック パリメンズコレで1月19日に披露

 「ヴェトモン(VETEMENTS)」は、2018-19秋冬コレクションをパリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中の1月19日に男女合同ショー形式で発表する。時間と場所はまだ明らかになっていない。

 「ヴェトモン」はこれまで、16-17年秋冬、17年春夏コレクションをオートクチュール・コレクションのゲストメンバーとして男女合同形式のショーで発表。前シーズンの18年春夏はランウエイ形式での発表を休止し、ショールームでアポイントメント制でバイヤーやプレス関係者向けに発表していた。

 14年の鮮烈なデビュー・コレクション以来、デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が手掛ける「ヴェトモン」は、ストリートファッションに火をつけ、服そのものはもちろん、シーズンごとのテーマ性やストーリー性でもファッション業界に一石を投じてきた。ランウエイの開催場所も注目の的で、これまで暗いゲイクラブや中華料理店など、前例のないロケーションで実施している。

 なお、デムナが手掛ける「バレンシアガ(BALENCIAGA)」も、18-19年秋冬からウィメンズとメンズを統合し、パリ・ファッション・ウイークで披露する。また、メンズもプレ・コレクションをスタートし、年2回から4回の発表に拡大。初のメンズのプレは「ヴェトモン」と同じく、パリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中にバイヤーやプレス関係者向けに発表する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら