ファッション

デムナ・ヴァザリアが描く「ヴェトモン」と「バレンシアガ」のこれから

 デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)「バレンシアガ(BALENCIAGA)」アーティスティック・ディレクター兼「ヴェトモン(VETEMENTS)」ヘッド・デザイナーは、パリコレ辞退宣言やスイス・チューリッヒへの本社移転など、ニュースには事欠かない。

 デムナの作り出す極端なビッグシルエットは、ソビエト時代のジョージアで服が容易に購入できず、大きいサイズを何年も着ることが普通だった時代を生きたデムナだからこそのデザインだ。そんなデムナが打ち出す次なるキーワードは“実用的(pragmatic)”だという。

 キーワードを踏まえ、「ヴェトモン」と「バレンシアガ」について何を考え、どのように制作に取り組んでいるのかを聞いた。

WWD:急に世間から注目を浴びて、どんな感覚でしたか?

デムナ・ヴァザリア(以下、デムナ):ちょっとシュールな感じでした。3年前は私が何者なのか、誰も知る人はいませんでした。それを考えると、今は尋常でないくらい物事が早く進むので現実ではないように感じます。でも、ファッッションも、ファッション以外のことにも急に希望が見えてきました。

WWD:「ヴェトモン」立ち上げ時は苦難の連続だったと言っていましたが?

デムナ:どうやってブランドの独立性を保ちながら、ブランドを成長させるかが課題でした。キャッシュフローから始まり、人を雇い、教え学び合うところまで、ファッション業界で成功しようと思うと、こうした要素が全て重要となるんです。

WWD:デザイナーとしてのモチベーションを高めるものは?

デムナ:やっぱり自分の作った服を着ている人を見るとモチベーションが上がります。たまに自分が作ったアイテムを着ている人を見かけるのですが、それが昨年のものだったりするとすぐに気付けなかったりします。常に前進していて、過去のことを頭から消してしまいがちだからです。

WWD:他にモチベーションになるものは?

デムナ:いいなと思う服でも試着するとしっくりこなくて諦めることがよくありますが、たまにハンガーにかかっている服を見て、直感で絶対に似合うと分かる服があるんです。それを試着してみて、実際に良かった時に感じるもの、これをアドレナリンと呼んでいるんですが、これを感じる時にすごく満足感を得ます。たぶんこれが服をデザインする一番の理由です。

WWD:アンダーグラウンドな世界観から一歩前進したんですか?

デムナ:どのシーンにも属さないよう、チューリッヒに拠点を移しました。美的感覚ではなく、地に足の着いた、機能や実用面で服を評価するような人々に囲まれたかった。ファッションは「製品であること」という点を忘れてきてしまっているんです。クチュールのドレスでも靴下でも、製品であることに変わりはないのです。

WWD:次は何をしたいですか?

デムナ:製品デザインに注力したいです。チューリッヒにあるのはクリエイティブな実験室だったり、アイデアの図書館だったり、製品になる前のコンセプトや考察です。アプローチ的にはこれまでと変わらないけど、サブカルチャー色は薄まっています。ファッションだけをやるのではなく、かっこいいデザインを極めたい。服というものを異なる視点から見たり、デジタルな側面から見たり、服がどのようにして作られるのかを研究したいです。

WWD:例えば?

デムナ:農家の人やきこりなど、山で働く人の作業着をたくさん研究しました。天候や動きやすさ、素材の柔らかさ・硬さなど、その職業のためだけに考慮されていて、それらは「ファッション」と呼ぶべき服にも応用できると思っています。デコラティブなものより実用的なデザインをファッションに取り入れていきたい。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら