ファッション

ピアスブランド「キャリアリング」が「ワコマリア」とコラボ

 ピアスブランド「キャリアリング(CAREERING)」は8月19日、「ワコマリア(WACKO MARIA)」とコラボした限定ピアス“PARADISE”シリーズを発売する。親交があったことから実現したという同コラボは、レコードのサイズを表す“07”と“12”を用いた2サイズ展開。シルバーをねじったデザインが特徴だ。価格は、“PARADISE 07”が4万5000円、“PARADISE 12”が5万5000円。

 発売を記念し、18日には東京・中目黒に構える「ワコマリア」の旗艦店PARADISE TOKYOで入場無料のリリースパーティーを開催する。パーティーでは、藤原ヒロシとINO hidefumi、ロックバンドOKAMOTO’Sでベーシストを務めるハマ・オカモトによるライブの他、森敦彦「ワコマリア」デザイナーが主宰するサウンドクルーのKILLER TUNES BROADCASTがDJを披露。さらに、両ブランドのビジュアルを撮影する写真家・小浪次郎がアートワークを展示する予定だ。

 「キャリアリング」は、2016年にスタート。フープピアスを中心に、金属が持つ素材そのものの美しさを生かしたミニマルなデザインが特徴。ブランド名は、馬車が通った轍=“CAREER”とフープの“RING”から名付けられ、7月にはECサイトをオープンしたばかり。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら