ファッション

「シュプリーム」がバリカンを発売

 「シュプリーム(SUPREME)」は9月28日(現地時間)、バリカンをニューヨーク店、ロサンゼルス店、ロンドン店、パリ店で発売した。アメリカでトップシェアを誇る1922年創業の老舗バリカンメーカー、アンディス(ANDIS)社とのコラボアイテムで、アンディス社の“Envy Li Adjustable Blade Clipper”がベースモデル。コードレスで1回の充電で約2時間の使用が可能。持ち手には大きく「シュプリーム」ロゴがプリントされ、本体はブランドカラーである赤色にアップデートされた。

 「シュプリーム」の公式インスタグラムでは、イギリス人アーティストのオリバー・ペイン(Oliver Payne)が手掛け、実際にバリカンを使用する映像が投稿されている。

 なお、日本での取り扱いと価格は未定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら