ファッション

「シュプリーム」がバリカンを発売

 「シュプリーム(SUPREME)」は9月28日(現地時間)、バリカンをニューヨーク店、ロサンゼルス店、ロンドン店、パリ店で発売した。アメリカでトップシェアを誇る1922年創業の老舗バリカンメーカー、アンディス(ANDIS)社とのコラボアイテムで、アンディス社の“Envy Li Adjustable Blade Clipper”がベースモデル。コードレスで1回の充電で約2時間の使用が可能。持ち手には大きく「シュプリーム」ロゴがプリントされ、本体はブランドカラーである赤色にアップデートされた。

 「シュプリーム」の公式インスタグラムでは、イギリス人アーティストのオリバー・ペイン(Oliver Payne)が手掛け、実際にバリカンを使用する映像が投稿されている。

 なお、日本での取り扱いと価格は未定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら