ファッション
特集 スノースポーツ市場 第7回 / 全7回

ファッション業界のスノーボーダー・スキーヤー6組に聞く、雪山の楽しみ方&お気に入りギア

無料で読める

ファッション業界で、スキーやスノーボードに行ったという話を聞いたり、SNSでそうした投稿を見かけたりする機会が増えている。長らく雪山に通い続けている人ももちろんいるが、コロナ禍で時間ができ、生活が変わったことをきっかけにスノースポーツを再開し、見事ハマってしまったといった声をよく耳にする。ここでは、そんな業界のスノーラバー6組に、愛用のウエアやギア、雪山の楽しみ方などを聞いた。取材はまだまだ気温の高かった11月に都内で敢行。協力してくださった6組の皆さん、本当にありがとうございます!(この記事は「WWDJAPAN」2023年12月4日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

鹿野巧真
スタイリスト

ヒップホップユニット、Creepy Nutsの専属も務める人気スタイリストの鹿野さんの実家は、山形の蔵王温泉スキー場そば。「小さい頃はスキーをしていて、スノーボードは高校から。アシスタント時代は忙しすぎて滑るのは年数回でしたが、独立後は11月から5月末の月山でのシーズンアウトまで滑っています」。一緒に滑るのは「ゲレンデで知り合った業界の先輩たち。@borderless_magazineのクルーでも行きます」。鹿野さんは神田のスノーボード店「MDS」のショップライダーも務めており、滑りの腕前は折り紙付き。「スタイリスト兼ライダーって、他にいなくて面白いかなと思って」。スノーヤーに人気のゲレンデ定額パス「アースホッパー」のウェブCMにも、実は昨年出演していた。

この続きを読むには…
残り3052⽂字, 画像30枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。