ビジネス
特集 スノースポーツ市場 第4回 / 全7回

スキーギアが祖業の仏「サロモン」 「アルファ世代にスノースポーツが拡大中」

有料会員限定記事

仏発の「サロモン(SALOMON)」というと、ファッション業界的には2015年にパリの先鋭的なセレクトショップ「ザ・ブロークン・アーム」と協業して以降、直近でも「エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 MAISON MARGIELA)」「パレス スケートボード(PALACE SKATEBOARDS)」とのコラボスニーカーを発売するなど、モードなスポーツブランドのイメージが強い。近年は夏のトレッキング、トレイルランニング分野でも存在感が大きいが、ブランドの原点はアルプスのふもとの街、アネシーで1947年に創業したスキーエッジの研磨工場だ。(この記事は「WWDJAPAN」2023年12月4日号から抜粋・加筆しています)

その後スキービンディングやブーツ、板も手掛けるようになり、スノーボードが五輪種目となった長野冬季五輪の前年の97年には、スノーボードにも進出。今人気のトレッキングシューズはというと、「暖冬で在庫となっていたクロスカントリースキーブーツのソールをゴムに替えて、92年に売り出したことが事業のきっかけ」と、アメア スポーツ ジャパンの石田道寛サロモン マーケティングチームマネージャーは話す。「サロモン」は2005年にアメア スポーツ傘下となり、アメアは19年から中国のアンタスポーツ傘下になっている。

「ブランドは10年間
伸び続けている」

この続きを読むには…
残り1051⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。