ファッション

ヴァージルとパイオニア DJがスケルトン仕様のコラボプロダクトを製作

 ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)と大手DJ機器メーカーのパイオニア DJ(Pioneer DJ)が、6月10日から米シカゴ現代美術館(The Museum of Contemporary Art, Chicago)で開催されるヴァージルの回顧展「ヴァージル・アブロー:フィギュアズ オブ スピーチ(Virgil Abloh: Figures of Speech)」のために、コラボプロジェクト「パイオニア DJ c/o ヴァージル アブロー」を発表した。

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のデザイナーや、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズ アーティスティック・ディレクター、建築家、アーティストなどさまざまな肩書きを持つ“スラッシャー”(複数の肩書きを持つ人)として知られるヴァージルだが、その中でもDJにはかなりの重きを置いており、以前からパイオニアのDJ機器を愛用していたことから今回のコラボに至った。

 プロジェクトでは、パイオニア DJの機材をベースに“TRANSPARENT”と名付けられたCDJとミキサーを製作。通常のブラックボディーをスケルトン仕様にし、ブランドロゴも取り除くことでクリーンな印象のプロダクトへと仕上げた。

 展示を目的に製作されたため一般発売はされないが、実際にプレイすることは可能で、ヴァージルは先日開催された世界最大級の音楽フェス「コーチェラ 2019(Coachella 2019)」に出演した際、このプロダクトを使用してプレイしていた。

 同回顧展では「パイオニア DJ c/o ヴァージル アブロー」のほかにも、さまざまなブランドとのコラボプロダクトの発表が控えているとウワサされている。その1つがナイキ(NIKE)との“エア フォース 1(AIR FORCE 1)”で、すでにヴァージルのインスタグラムではそれらしき1足を確認することができる。

■Virgil Abloh: Figures of Speech
日程:6月10日〜9月22日
時間:10:00〜17:00(火・金曜日のみ21:00まで)
場所:シカゴ現代美術館
入場料:一般15ドル / 教員・学生・65歳以上8ドル
休館日:月曜日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。