ニュース

「イケア」とヴァージルがコラボしたラグが再発売 一番人気アイテムがサイズ違いで登場

 「イケア(IKEA)」は6月1日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)をはじめとする7組のクリエイターとコラボレーションした限定ラグコレクション“イケアアートイベント2019”を発売する。

 「イケア」は昨年12月にヴァージルとラグコレクションを発売し、先行販売会には約1万人が応募、正式ローンチでも即完売するなど大好評だった。今回は、ヴァージルがデザインしたラグのみ抽選販売を行う。申し込みは5月10日から20日まで公式サイトで受け付ける。同商品は、ペルシャ柄に“KEEP OFF”の文字がレイアウトされた前回一番人気のデザインで、縦200cm、横300cmと前回より大きいサイズとなる。価格は6万9990円(税込)で、「イケア」のメンバーシップクラブ「イケア ファミリー(IKEA FAMILY)」会員は5万9990円(同)。なお、今年11月に発売を控える両者の限定コレクション“マルケラッド(MARKERAD)”の中に今回販売されるラグは含まれない。

 ヴァージルは、「リビングを座ってくつろぐ場所というよりショールームみたいな場所にしてしまう、家具に対する昔気質の考え方を、アイロニックに取り上げてみました。親世代の“家具をだめにしないように”っていうあの発想は、今の若い人たちの家具に対する考え方に大きく影響していると思う」とコメントしている。

 ヴァージル以外のクリエイターはアメリカ人デュオアーティストのチャオッザ(Chiaozza)、インスタレーション作品で国際的に活躍する日本人アーティストの河井美咲、韓国系フランス人アーティストのイ・スルギ(Seulgi Lee)、ブルックリンとスウェーデンを拠点に活動するアーティストのノア・ライオン(Noah Lyon)、ワルシャワを拠点に活動するグラフィックアーティストのフィリップ・パゴウスキー(Filip Pagowski)、折衷的アプローチをとるフランス人アーティストのスパキッチ(Supakitch)の6組。価格帯は3万9990円〜6万9990円(同)で、上記会員は1万円の値引きとなる。