ファッション

「イケア」とヴァージルのコラボラグが全国9店舗で販売 価格は1万4990〜4万9990円

 「イケア(IKEA)」は、12月16日からヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とコラボレーションしたラグコレクションを1000本限定で販売する。

 今回ラインアップされたのは、画像をローディングしているかのような絵柄の“STILL LOADING”(140cm × 200cm)、「上を歩くな」の文字が印象的なペルシャ柄の“KEEP OFF”(133cm × 195cm)、「グレー」と書かれながらもブラックがベースの“GREY”(133cm × 195cm)、同じく「ブルー」と書かれながらもレッドがベース“BLUE”(200cm × 250cm)の4種のラグだ。

 「これらのラグは発表して以降、多くの人々から問い合わせが絶えなかったため、予定を少し早めて販売することにした。(このラグは)大胆で現代的、そして私たちの生きる“いま”を表現している」とヘンリク・モスト(Henrik Most)「イケア」クリエイティブ・リーダー。またヴァージルも、「機能的に使えることはもちろん、壁に飾るアート作品にもなる」とコメントしている。

 価格は1万4990〜4万9990円(税込)で、計900本が公式オンラインストアを除く全国の「イケア」で販売されるが、「イケア」のメンバーシップクラブ「イケア ファミリー(IKEA FAMILY)」会員だと、5000〜1万円値引きされる。

 また発売前日の15日には、「イケア ファミリー」会員限定のイベント「“STILL LOADING”」を東京・品川の寺田倉庫で開催。ラグコレクションの先行販売会(約100本)の他、ヴァージルとヘンリク「イケア」クリエイティブ・リーダーによるトークショーも行われる。現在、「イケア」公式サイトで登録を受け付け中だ。

 なお、「イケア」とヴァージルは2017年から、“ミレニアル世代が家にどのようなものを求め、実用性と満足感の両方を満たすことができるデザインとはどういうものか”をテーマにインテリアコレクション“マルケラッド(MARKERAD)”を開発中だが、今回のラグコレクションはこれに含まれない。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら