ファッション

「オフ-ホワイト」のヴァージルが語る“コラボで成長する”ビジネス

 メンズ・ファッションではここ最近、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」 × 「シュプリーム(SUPREME)」など、社会現象にまで発展するコラボレーションが多発している。そういったムーブメントの立役者の1人が「オフ-ホワイト ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」を手掛けるヴァージル・アブローだ。ヴァージルは今年だけでも「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」や「イケア(IKEA)」、アーティストのボーイズ・ノイズ(Boys Noize)など幅広い相手とのコラボレーションを発表している。直近の「ナイキ(NIKE)」との10足のスニーカー「THE TEN」には、商品を求めて世界中の人が殺到し、11月18日に日本で行われた販売イベントの参加抽選には2万人以上が応募した。今回、同イベントに合わせて来日したヴァージルに「THE TEN」の制作経緯やコラボに対する彼なりの解釈、そしてコラボブームの今後について聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):今回の「ナイキ」との協業の経緯は?

ヴァージル・アブロー「オフ-ホワイト」クリエイティブ・ディレクター(以下、ヴァージル):今回のコラボレーションは「ナイキ」との普段のミーティングから生まれたもの。「スニーカーに何かイノベーションを起こせないか」という簡単な話合いの中でいろいろなアイデアを募り、実現した。

WWD:昔からの「ナイキ」ファンだと聞いたが、どういった点が気に入っている?

ヴァージル:スタイルが一貫しているところ。「ナイキ」は創立時から常にイノベーションを追求し続け、スポーツだけではなくライフスタイルブランドとしても注目されている。私自身、「ナイキ」からインスピレーションを受けていることが多い。特に“エア ジョーダン(AIR JORDAN)”が誕生した90年代に私のデザインの土台や信念は全て形成された。

WWD:「THE TEN」のデザイン上のポイントは?

ヴァージル:簡単に言えば靴全体だ。全スニーカーのデザインコンセプトは“アンフィニッシュド”。手作業で切れ目を入れ、内部の構造を露出させたり、半透明の素材を使ったりしてスニーカーを再構築し、その靴の作りが感じられるようなデザインにしている。個人的にはスニーカーというよりも、ダビデ像やモナ・リザのような芸術作品といった感覚に近い。

WWD:「THE TEN」のイベントで世界を回っている理由は?

ヴァージル:イベントと絡めた形でスニーカーをリリースするのが非常にパワフルだと思ったから。その靴の持つ意味をグローバルなコミュニティーに差別なく伝えていくことが重要だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら