ファッション

「オフ-ホワイト」のヴァージルが語る“コラボで成長する”ビジネス

 メンズ・ファッションではここ最近、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」 × 「シュプリーム(SUPREME)」など、社会現象にまで発展するコラボレーションが多発している。そういったムーブメントの立役者の1人が「オフ-ホワイト ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」を手掛けるヴァージル・アブローだ。ヴァージルは今年だけでも「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」や「イケア(IKEA)」、アーティストのボーイズ・ノイズ(Boys Noize)など幅広い相手とのコラボレーションを発表している。直近の「ナイキ(NIKE)」との10足のスニーカー「THE TEN」には、商品を求めて世界中の人が殺到し、11月18日に日本で行われた販売イベントの参加抽選には2万人以上が応募した。今回、同イベントに合わせて来日したヴァージルに「THE TEN」の制作経緯やコラボに対する彼なりの解釈、そしてコラボブームの今後について聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):今回の「ナイキ」との協業の経緯は?

ヴァージル・アブロー「オフ-ホワイト」クリエイティブ・ディレクター(以下、ヴァージル):今回のコラボレーションは「ナイキ」との普段のミーティングから生まれたもの。「スニーカーに何かイノベーションを起こせないか」という簡単な話合いの中でいろいろなアイデアを募り、実現した。

WWD:昔からの「ナイキ」ファンだと聞いたが、どういった点が気に入っている?

ヴァージル:スタイルが一貫しているところ。「ナイキ」は創立時から常にイノベーションを追求し続け、スポーツだけではなくライフスタイルブランドとしても注目されている。私自身、「ナイキ」からインスピレーションを受けていることが多い。特に“エア ジョーダン(AIR JORDAN)”が誕生した90年代に私のデザインの土台や信念は全て形成された。

WWD:「THE TEN」のデザイン上のポイントは?

ヴァージル:簡単に言えば靴全体だ。全スニーカーのデザインコンセプトは“アンフィニッシュド”。手作業で切れ目を入れ、内部の構造を露出させたり、半透明の素材を使ったりしてスニーカーを再構築し、その靴の作りが感じられるようなデザインにしている。個人的にはスニーカーというよりも、ダビデ像やモナ・リザのような芸術作品といった感覚に近い。

WWD:「THE TEN」のイベントで世界を回っている理由は?

ヴァージル:イベントと絡めた形でスニーカーをリリースするのが非常にパワフルだと思ったから。その靴の持つ意味をグローバルなコミュニティーに差別なく伝えていくことが重要だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。