ファッション

「ヴァージルに負けた」 藤原ヒロシが「ナイキ」とコラボ予定だったことを明かす

 10月4、5日にカリフォルニア・ロングビーチで開催されたストリートカルチャーの祭典「コンプレックスコン(ComplexCon)」では、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」デザイナーが手掛けた「ナイキ(NIKE)」の10足のシューズコレクション「The Ten」の話題で持ちきりだった。16年の「コンプレックスコン」ではカニエ・ウェスト(Kanye West)とのコラボシューズ“Yeezy 350 V2s”のおかげで「アディダス(ADIDAS)」が優勢だったが、今年はヴァージルとのコラボのおかげで「ナイキ(NIKE)」に軍配が上がったようだ。日本でもアトモス(atmos)での発売日には600人が列をなすなど、世界各地で盛り上がりを見せている。

 そんな中、藤原ヒロシがヴァージル同様、「ナイキ」と「10アイテムを手掛ける」プロジェクトの話があったが、実現しなかったことを明かした。「ゲームに勝ったのはヴァージル。僕は負けた」と話し、ヴァージルの仕事に関しては「でも彼が手掛けたものは美しいよね」とコメントした。同氏はイベントのパネルディスカッションに登壇するため、会場を訪れていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら