フォーカス

スマート養蚕工場が変える、日本産シルクの未来

 最先端のゲノム編集などのハイテクを駆使して、日本のシルク産業が大きく変わろうとしている。求人広告会社あつまるホールディングスは4月、クリーンルーム内で大量のカイコを飼育する、世界初の大規模養蚕(ようさん)工場の稼働を開始した。現在は試験操業だが、今後の計画では月60万頭を飼育し、年50トンの繭(まゆ)を生産する。同工場だけで、日本最大の産地である群馬県の産出量に匹敵する規模になる。同工場では今後、遺伝子組み換えを行ったカイコも飼育し、アパレル向けのシルク糸だけでなく、創薬や試験薬などの医薬分野にも供給を目指す。戦前には貴重な外貨獲得産業の一つで、ピーク時の1929年には221万戸を誇った養蚕農家は現在、全国でわずか349戸に過ぎず、壊滅状態だった。今シルクに何が起こっているのか。

 11月9、10日、熊本市の中心部から車で1時間ほど北に上った山鹿市に、日本全国からシルクに関わる研究者や商社、官公庁、自治体の関係者など約400人が集まった。現代アーティストのスプツニ子!を筆頭に、農林水産省が音頭を取る産官学の共同プロジェクト、パリとミラノのシルクを巡る産地の動向、スマート養蚕をはじめた他の自治体の担当者によるプロジェクトなどを紹介するイベント「2017新シルク蚕業サミット in やまが」のために訪れた。ある関係者は「つい数年前まで山鹿なんて、来たことも聞いたこともなかった。かつては養蚕が盛んだったと言うけど、ずっとむかしの話だしね。けど今や、日本のシルク関係者でこの町の名前を知らない人はいないよ。世界初の大規模な養蚕ファクトリーができたからね」と語る。

 熊本市に拠点を置く求人広告会社あつまるホールディングスは2014年に突如、“スマート養蚕ファクトリー構想”を掲げて、山鹿市に23億円を投じ、無菌状態のクリーンルームで蚕を飼育する工場の建設に取り掛かった。工場の近くには、約25ヘクタールに蚕の餌になる8万本の桑の木畑を造成。約4000平方メートルの同工場内では桑畑で取れた桑の葉を粉砕し、人工飼料にする設備も備え、年間約50tの蚕の繭、シルク糸換算で10tの産出を目指している。