フォーカス

ダッドスニーカー、大人の女性が素敵に取り入れるには?

 お父さん(英語で“DAD”)がスーパーマーケットで買うような、ゴツめのフォームのスニーカー“ダッドスニーカー”がストリートで人気となっています。火つけ役になったのはスニーカーブランドではなく、モード界の「バレンシアガ(BALENCIAGA)」。しかも最初はメンズでした(参考 断言! ダッドスニーカーはさらに巨大化します)。ジェンダーレスのトレンドを追い風に、メンズからウィメンズにも飛び火しています。

 今やスニーカーブランドを含めて、さまざまなブランドからダッドスニーカーが登場しており、ウィメンズの装いにもかなり取り入れやすくなってきたようです。ただし、大人女性が挑戦するにはやはりまだまだハードルは高い。そこで今回は、2019-20年秋冬の海外のファッションショー会場でのおしゃれスナップを手掛かりに、大人の女性がダッドスニーカーを取り入れるコツをお伝えしたいと思います。

◆ふんわりワンピースにアクティブ感を投入

 体が締め付けられない、ふんわりシルエットのワンピースは、風が通るので暑い季節にまといたくなるアイテムです。着心地が楽ちんなことに加え、写真のファッショニスタのように花柄やチェック柄なども生かしやく、1枚でサマになるところも重宝する理由です。

 夏ワンピースにはサンダルを合わせることが多かったのですが、ここ数シーズンはスニーカーを合わせる人も増えてきました。フェミニンなワンピースの足元に、ダッドスニーカーを組み合わせると程よいズレ感に加え、アクティブなムードが加わります。通常のスニーカーに比べ、足元にボリュームが出るおかげで足首を細く見せてくれるのもうれしいメリットです。

◆タイトスカートを若々しくイメージチェンジ

 エレガントなイメージのタイトスカートを若々しく見せるうえでも、ダッドスニーカーは役立ちます。シャツにタイトスカートというコンサバ系コーデに、ダッドスニーカーを添えるだけで、軽やかな印象がアップ。

 花柄スカートの彼女(写真2枚目)を見ても分かる通り、ソール部分も厚底なので、脚が長く見えるのもダッドスニーカーのよさ。クラシカルなチェック柄のスカート(写真3枚目)には、さわやかな色使いのダッドスニーカーを合わせて、オーソドックスな着こなしをはずしています。手持ち服との意外なコンビネーションを試しやすいのがダッドスニーカーの魅力です。

◆ひらひら&スケスケ服をカジュアルにドレスダウン

 パーティーやセレモニーのような特別な場所に着ていく服は、普段はクローゼットで眠ってしまいがちです。ひらひらのフリルで飾られた服や、透け感が高めの服など、普段は着用のチャンスが見つけにくい服もダッドスニーカーを合わせるとスポーティーにドレスダウンされるので、街着として使いやすくなります。

 ドラマチックな服にはこれぐらい存在感のあるダッドスニーカーをぶつけて、強めのバランスを成り立たせましょう。スニーカーならではの安定感があって歩きやすいのはもちろん、ボリュームがあるおかげで、全体的にスタイルアップできるので、賢く取り入たいシューズです。

 今回参考にしたファッショニスタたちを見ても分かる通り、カジュアル服を避けて、ロマンチックなワンピースやフェミニンなスカートとのズレ感を楽しむ感覚で挑戦すれば、大人女性も取り入れやすくなるでしょう。一般的なスニーカーをおしゃれコーデに取り入れることに慣れてきた人は、次のムードチェンジャーとして参考にしてみてください。

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い

あなたにオススメ