ファッション

「シュプリーム」が約4年ぶりに「ジョーダン」とコラボ 2色の“エア ジョーダン 14”を用意

 「シュプリーム(SUPREME)」は6月15日、ナイキ(NIKE)の「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」とコラボレーションした“エア ジョーダン 14(AIR JORDAN 14)”を発売する。「シュプリーム」とナイキのコラボは毎シーズン定番化しているが、「ジョーダン」とのコラボは2015年に発表したコラボコレクション以来、約4年ぶり。

 同スニーカーは先月、ニューヨークを拠点とするスタイリストでモデルのブラッディ・オシリス(Bloody Osiris)がインスタグラムで披露し、話題になっていた一足だ。マイケル・ジョーダン(Michael Jordan以下、MJ)の愛車フェラーリ(FERRARI)からインスパイアされたという“エア ジョーダン 14”が持つスポーティーなフォームを生かしつつ、レザーとヌバック素材のアッパーの随所にMJが普段着用していたレザージャケットを彷彿とさせるスタッズが打ち込まれ、ヒールやシュータンなどには「シュプリーム」の文字があしらわれている。カラーは、ブラック × ブルーとホワイト × ブラックの2色を用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら