ファッション

「ジョーダン」とPSGの第2弾コラボコレクションが発売 “PARIS”の“A”がジャンプマンに

今回発売されるユニホームを実際に着用して臨んだ試合。英名門マンチェスター・ユナイテッドFCに2-0で勝利した

 ベイクルーズグループが運営するアンド エディフィス(& EDIFICE)渋谷店は3月9日、インショップで展開するフランスのフットボールチーム、パリ・サンジェルマンFC(PARIS SAINT-GERMAIN FC以下、PSG)の公式ショップを増床リニューアルオープンする。これに合わせ同日、PSGと「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」の第2弾コラボコレクションを発売する。

 同コラボは昨年9月に第1弾が発売され、ストリートシーンを中心に人気を博していたもの。第2弾は2月に行われた欧州最高峰のクラブチームを決めるUEFAチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)のマンチェスター・ユナイテッドFC(MANCHESTER UNITED FC)との試合で実際に選手が着用して披露され、PSGの拠点パリではすでに販売されていた。

 第2弾はブラックを基調とした第1弾とは打って変わって、ホワイトを基調としたレプリカユニホームやTシャツ、フーディー、ジャージー、キャップなどを用意。“PARIS”の“A”をジャンプマンロゴに置き換えたり、レプリカユニホームの背番号をマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)が背負っていた“23”に変更したりと、両ブランドならではの遊び心溢れたデザインになっている。価格帯は4000〜1万2000円。

 なお今回のコラボコレクションは、アンド エディフィス渋谷店の店頭限定で販売され、公式ECサイトでの取り扱いは予定していないという。

■アンド エディフィス渋谷店
営業時間:11:30〜21:00
住所:東京都渋谷区神宮前6-23-3

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら