ファッション

「サボン」初のアフタヌーンティーカフェが期間限定オープン 目黒川沿いで桜も楽しめる

 「サボン(SABON)」は、人気コレクション“ローズティー(Rose Tea)”の世界観を楽しめる初のアフタヌーンティーカフェを、中目黒のコンセプトショップ「アトリエ サボン(ATELIER SABON)」に4月14日までの期間限定でオープンした。11:30〜と14:30〜、17:30〜(金土のみ)の2時間制で、各回20人(2人1組)限定。料金は1人5000円(税込)で、公式ウェブサイトで予約を受け付けている。

 「サボン ローズティー カフェ(SABON Rose Tea CAFE)」では、オリジナルのスイーツやサンドイッチなど11種類のメニューと、紅茶専門店ティーポンド(TEAPOND)とコラボレーションしたオリジナルローズティーを提供する。オリジナルローズティー缶は購入可能で、同コレクションのアイテムをセットにした限定キットも用意する。また、食前には“ローズティー”のアイテムを使ったハンドスパを体験でき、来店者全員に「バターハンドクリーム ラベンダー・ローズ」をプレゼントするなど食事以外にも楽しめるコンテンツを用意する。

 同ショップは桜の名所として有名な目黒川に面するため、時季によっては桜を見ながらアフタヌーンティーを楽しむことができる。

■「SABON Rose Tea CAFE」
日程:3月7日〜4月14日
時間:11:30〜13:30/14:30〜16:30/17:30〜19:30(金土のみ)
場所:「アトリエ サボン」
住所:東京都目黒区上目黒1-17-3
料金:5000円

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら