ビューティ

「サボン」夏限定製品やヘア、フェイスカテゴリーが好調で7〜9月度売上高2ケタ増

有料会員限定記事

 今年ブランド誕生25周年を迎えた「サボン(SABON)」は、コロナ禍の中でも売上高が右肩上がりで成長を遂げる。2018年からサボンジャパンを舵取りする畠山喜美恵社長CEOの下、商品カテゴリーの絞り込みやサンプリングの実施、ミニサイズの製品投入など日本市場に即した改革を実施し、それが実を結んでいる。日本上陸15周年を迎える来年に向け勢いを増している。

 7〜9月の商況は前年比2ケタ増で着地した。7月に発売した夏恒例の限定コレクション“ミンティ・スパーク リミテッドコレクション”が好評だった。ブランドが得意とするボディーケアアイテムの洗う(シャワーオイル)・磨く(ボディースクラブ)・潤す(ボディージュレ)の基本3ステップのほか、ジュレマスクやローシャンプーなどひんやり感のあるアイテムをそろえたが、中でも“スパークリング ローシャンプー”が店頭で品薄状態が続いた。「限定コレクションでヘアケアアイテムを販売するのは珍しく、泡立たないシャンプーのため水の使用量を削減できる環境に配慮した点も支持された一因」と川島ゆみサボンジャパンPR&コミュニケーションマネージャーは分析する。サボン ジャパン初のアンバサダーに起用した女優の桜井日奈子が登場したインスタライブも奏功。中目黒の旗艦店サボン アトリエ スパでは同コレクションをイメージしたアイスクリームとレモネード発売し、集客にも寄与した。発売後約1カ月間の全売上高の20%を限定コレクションが占めるほど好評だった。

この続きを読むには…
残り860⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。