ビューティ

「サボン」からさわやかなミントが香る “ひんやりコスメ”シリーズが登場

 「サボン(SABON)」は7月14日、ひんやりした使い心地が特徴の「ミンティ・スパーク リミテッドコレクション」を限定発売する。なお、7月6日から伊勢丹新宿本店で先行販売する。

 限定の“ミンティ・スパーク”の香りは、レモンとペパーミントをブレンドした夏に似合う香りに仕上げた。調香はトップにレモン、ローズマリー、ミドルはアップルやローズ、ラストはムスクやアンバーなど、さわやかな中にもほんのり甘さを感じる香りとなっている。人気製品からは、“スパークリング ボディスクラブ"(320g、3740円税込、以下同)や“スパークリング シャワーオイル"(300mL、2750円)、“スパークリング ボディジュレ"(200mL、4620円)が限定の香りで登場する。

 そのほか、泡立たないクリームでしっとり洗いあげる“スパークリング ローシャンプー"(200mL、3300円)や、肌にのせた瞬間、美容成分を含んだブルーのカプセルが弾け、しっとりとした艶のある肌に導く“スパークリング ジュレマスク"(200mL、6270円)、つけた瞬間“ひんやり感”を感じる“スパークリング オードゥサボン"(30mL、3960円)、みずみずしい使い心地のハンド用ジェル“スパークリング ハンドジュレ"(30mL、1540円)、をラインアップする。限定のデザインボックスをそろえたギフトセットも販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら