ファッション
連載 ビジネスリポート

シーズン初めの受注会ウイークが奏功 ルミネ新宿の好調ブランドは?(2022年下半期)【ビジネスリポート先行公開】

有料会員限定記事

 国内有数のトラフィックを誇るJR新宿駅に直結し、大手セレクトからパーソナライズサプリまで現代的なライフスタイルを広く扱うのがルミネ新宿だ。コロナ禍を経て、各ショップのイベント開催などを後押しし、さらなる集客と顧客化を図っている。草薙恵美子ルミネ常務取締役新宿店長に聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年2月27日号付録ビジネスリポートの先行公開です)

WWD:2022年下半期の商況は?

草薙:7〜12月の売上高は前年同期比17.8%増だった。客数も当然伸びてはいるが、ピーク時まではまだ届いていない。客単価は2ケタ増だった。7、8月はコロナ第7波の最中で、5、6月に夏物がよく売れたことや、ショップのほうも商品の在庫を絞ったことが影響して、セール自体は若干厳しかった。7月後半から"IT’S NEW" WEEKを実施し、先行販売や予約販売を提案しながら、ジャストニーズな秋物を提供し、プロパー比率を高めた。加えて10%オフキャンペーンもあり、9月は予算をクリアした。また、ルミネ2の2階にD2Cブランド「アニュアンス(ANUANS)」をリニュアルオープンしたところ、初日2170万円という高い売り上げを作った。

 10月以降はお客さまの購買のモチベーションが非常に高く、予算を大幅にクリアをした。19年度比には届かなかったが、そこに近づく勢い。特に10月は、若干気温が下がったことで、アウターが非常に好調で、全国の旅行支援や「ただいま東京プラス」クーポンの利用も後押しとなった。11月はニットが好調に売れたことと、上旬にマッシュスタイルラボ9ブランドによるコートフェアを10日間行ったところ、2100万円を売り上げたことが、非常に大きかった。11月後半から、クリスマスのギフトニーズでマフラーや手袋に加えて、コスメや香りアイテムが高稼働した。11月の10%オフキャンペーンも好調で、ウェブ決済サービス経由の売り上げが最高記録を更新した。12月は特に非ウールのダウン関係が、非常に好調だった。また、クリスマスのお出掛けニーズとして、フェミニン系のワンピースなどが売れ筋に。プレセールもプラスの売り上げにつながった。

WWD:好調なブランドは?

この続きを読むには…
残り2146⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。