ファッション

「エイミーイストワール」の梯真奈美が新ブランド、「ジョゼムーン」はエイジレス&ジェンダーレスで海外展開も

 ドットワンは、新ブランド「ジョゼ ムーン(JOSE MOON)」をスタートする。同社の主力ブランドである「エイミーイストワール(EIMY ISTOIRE)」と同じく、MANAMIこと梯真奈美(かけはし・まなみ)がクリエイティブディレクターを務め、エイジレスなスタイルを提案する。価格はアウターが4万5000円〜5万円、ジャケットが3万円〜4万円、ワンピースが1万6000円〜3万3000円、カットソーが8500円〜1万2000円で、日本素材も使用する。梯真奈美がディレクターを務めるブランドは、「エイミーイストワール」、化粧品ブランド「アイアム(AIAM)」に続く3ブランド目になる。ドットワンの藤井亮輔社長は「2014年に『エイミーイストワール』を立ち上げて7年目になるが、(梯)真奈美ディレクターもこの間で表現したい幅が広がった。その思いや気持ちをどのような形で表現するか、『エイミー』のクリエイティブディレクターを兼任するか否か、といった真奈美ディレクター自身のあり方も含めて、2年半以上に渡っていろいろなことを考え、準備してきた。『ジョゼムーン』は海外展開などの新しいことにも積極的に取り組んでいく」という。

 「ジョゼムーン」は2月27日にECサイトをオープン、3月上旬には新宿ルミネ2への出店が決まっている。日本産の上質なカットソー素材を使ったワンピースや、凝った切り返しやパターンのジャケットとパンツなど、商品の価格帯は『エイミー」の1.3〜1.4倍ほど。インスタグラムの公式アカウント(@_josemoon_)では通常のフィードにはハイセンスなビジュアルを使う一方で、ストーリーズではよりリアルなスタイリングを見せるなど、ビジュアル表現に際してもより広がりを意識している。「1年目は新宿ルミネ以外には出店せず、公式ECサイトと新宿ルミネ店に全力を注ぎ、これまで以上に濃い世界観を表現したい。5年後にリアル店舗は4〜5店舗、ECも含めた年商は日本で30億円を計画している。海外展開も並行して進め、越境ECや卸も含めると、日本と同じくらいの規模を目指してやっていく」と藤井社長。

 3ミニッツから「エイミーイストワール」をスピンアウトする形で藤井社長が2020年8月に創業したドットワンは「エイミーイストワール」と梯真奈美ディレクターも出資する別会社運営のコスメブランド「アイアム」、中村麻美がクリエイティブディレクターを務める「アニュアンス」、元「アングリッド」の販売員でインフルエンサーのYURIがクリエイティブディレクターを務める「クレドナ」を含めると、「ジョゼムーン」で5ブランド体制になる。藤井社長は「ファンの熱量を重視したブランド運営を考えると、1ブランドで20億〜30億円が適正規模。3年目の23年7月期で売上高は50億円弱、社員数は170人と猛スピードで成長した。今後も年1ブランドのペースで新ブランドを立ち上げて、26年7月期には売上高100億円を目指す」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。