ファッション

ポストコロナ時代のアパレル社長の肖像 藤井亮輔ドットワンCEO

有料会員限定記事

 「ジル・サンダー」の白いカットソーと「パテック フィリップ」の“ノーチラス”を愛用する、ドットワンの藤井亮輔CEOはいま最もノッているアパレル経営者の一人だ。2016年の立ち上げ以来、快進撃を続けるアパレルD2Cブランド「エイミーイストワール」に続く、2つ目のブランド「クレドナ」は9月1日に発売を開始すると初日で4000万円を売り上げた。マークスタイラー出身で、平成時代のアパレルの血を色濃く受け継ぎながら、時代に合わせてアップデートした藤井CEOは、ポストコロナのアパレルの象徴と言える。(この記事はWWDジャパン2020年9月21日号からの抜粋です)

 新ブランド「クレドナ」の初日4000万円の売り上げは、全て在庫を積み込んだ。「内訳は客数1150人、客単価約3万5000円、セット率2.5。予想よりは1000万円ほど上振れたけど、コアなフォロワーが2000〜3000人ほどいたので、初日以降に売る分も含め5000万円分の在庫は積んでいた」という。

この続きを読むには…
残り1206⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら