ファッション

ポストコロナ時代のアパレル社長の肖像 藤井亮輔ドットワンCEO

有料会員限定記事

 「ジル・サンダー」の白いカットソーと「パテック フィリップ」の“ノーチラス”を愛用する、ドットワンの藤井亮輔CEOはいま最もノッているアパレル経営者の一人だ。2016年の立ち上げ以来、快進撃を続けるアパレルD2Cブランド「エイミーイストワール」に続く、2つ目のブランド「クレドナ」は9月1日に発売を開始すると初日で4000万円を売り上げた。マークスタイラー出身で、平成時代のアパレルの血を色濃く受け継ぎながら、時代に合わせてアップデートした藤井CEOは、ポストコロナのアパレルの象徴と言える。(この記事はWWDジャパン2020年9月21日号からの抜粋です)

 新ブランド「クレドナ」の初日4000万円の売り上げは、全て在庫を積み込んだ。「内訳は客数1150人、客単価約3万5000円、セット率2.5。予想よりは1000万円ほど上振れたけど、コアなフォロワーが2000〜3000人ほどいたので、初日以降に売る分も含め5000万円分の在庫は積んでいた」という。

この続きを読むには…
残り1206⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら