ニュース

「ベイプ」と「PSG」がコラボ カモ柄のユニホームなど全9型を用意

 「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R)以下、ベイプ)」が、フランス・パリを拠点とするフットボールクラブ「パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club以下、PSG)」とのコラボコレクションを12月に発売する。1日から「ベイプ」パリ店とフランス版オンラインストアで先行販売されたのち、8日にベイプエクスクルーシブ(BAPEXCLUSIVE)の青山店と京都店、日本版オンラインストア、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)など一部取い扱い店舗で発売する。

 同コラボコレクションは、マレ地区に店を構える「ベイプ」パリ店のオープン1周年を記念し実現。「PSG」のユニホームをほうふつとさせるカラーリングにアップデートされた「ベイプ」のカモ柄ダウン(5万9800円)や、シグニチャーアイテムのシャークパーカ(3万2800円)、Tシャツ(1万2000円)など、全6型のアパレルをラインアップ。さらに、冬の試合観戦時には欠かせないネックウォーマー(6800円)とマスク(5800円)、シューズを入れるナップサック(4800円)といったフットボールクラブとのコラボらしい小物も用意する。

 ルックは、「PSG」のホームスタジアム「パルク・デ・プランス(Parc des Princes)」で撮影された。

 なお「PSG」所属の女子サッカー選手ロール・ブーロー(Boulleau Laure)は、28日(現地時間)に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)の「リヴァプールFC(LIVERPOOL FC)」との一戦でリポーターを務めた際、一足先にコラボシャークパーカを着用。多くのファンから自撮りを求められていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら